審判長講評 祝 要司 先生

 

 まずもって、怪我人もなく無事に本大会が終了できたことをお喜び申し上げます。この大会は、あらゆる業種の剣士が一堂に会する大変魅力がある大会で、年々他県のチームの参加も増え、まさに「交剣知愛」の場としても素晴らしい大会だと思っております。試合の質は審判によって決まると言われますが、本日の審判員は日頃から稽古を積んでいる先生方ばかりで、判定にも問題なく、素晴らしい試合が展開されたことを大変うれしく思っております。試合につきましては、優勝チームをはじめ、ベスト8のチームの差はほとんどなく、非常に見応えがあるものでした。特に決勝戦は同門対決となりましたが、気の緩みもなく、充実した気勢の中、最後まで観客を魅了する決勝戦にふさわしい試合であったと思います。今後も中部日本剣道大会のますますの隆盛を願うとともに、本大会の運営に携わった役員の皆様に深く御礼申し上げます。